賃貸オフィス以外にも選択肢はある?代表的な4種のオフィスを比較!それぞれの特徴とメリットとは

これから事務所を探す方にとって、賃貸オフィス以外にも選択肢はいくつかあるかと思います。


今回はその中でも代表的な4種類のオフィスをご紹介・比較します。


その4種類とは「レンタルオフィス」「シェアオフィス(コワーキングスペース)」「バーチャルオフィス」「サービスオフィス」です。


それぞれ法人の住所として登録することや、名刺に載せることができます。


従業員数や事業内容、目的に合わせた形態で契約することで、最適なコストでオフィスを持つことが可能になるのです。


この記事では、それぞれのオフィスの特徴やメリットについてご紹介します。


4種類のオフィスを比較した時の違い

さきに挙げたオフィスにはそれぞれ違いがあり、運営する会社規模やオフィスを使用する目的に合わせて選ぶ必要があります。


レンタルオフィスは個室で、専用のデスクや椅子が全て備え付けられています。


シェアオフィス・コワーキングスペースは個室ではなく1つのスペースを他社の従業員とシェアする点が、レンタルオフィスとの大きな違いです。


実際のオフィスはないけれど、コストを抑え登記用の住所を貸し出すのがバーチャルオフィス。


名前の通り、仮想のオフィスを提供しています。


そして、サービスオフィスは専用の仕事部屋の提供に加え、エントランスや会議室などの共同施設の使用や、電話対応、秘書のオプションの追加ができます。

個室のオフィスが欲しい方や企業にはレンタルオフィス

レンタルオフィスの特徴は、個室のオフィスを持つことができるという点です。

入居工事を必要とせずに最初からデスクや椅子、インターネット回線といった業務に必要な設備が備え付けられているため、賃貸オフィスと比べ初期費用や時間を抑えて簡単にオフィスを持つことができるというメリットがあります。加えて、会議室や複合機が共用部に設けられているので安心です。


そのため、レンタルオフィスは、起業までの時間を短縮して業務を始めたい方や、自宅の作業場所とは別にセカンドオフィスが欲しい方、従業員数が少ない企業からの人気が高いです。


また、契約した個室は専用のプライベートルームとなります。


部屋を自分専用のものとして扱うことができるため、私物をデスクにおいて帰ることも可能です。

個室にこだわらない場合はコスパが良いシェアオフィス

専用の個室の有無がシェアオフィス・コワーキングスペースとレンタルオフィスとの違いです。

レンタルオフィスでは個室の執務空間が貸し出されるのに対し、シェアオフィスは1つのスペースを他の企業と共同で使用します。


デスクも共有となるため、私物を都度持ち帰る必要があったり、多くの人が出入りすることでレンタルオフィスよりセキュリティが甘くなったりするというデメリットがあります。


しかし、共同で使用することで、他の企業の社員と交流を持てる、レンタルオフィスより安価で利用できるといったメリットがあるのです。


作業場に重点を置いている場合はシェアオフィス、個々の交流に重点を置く場合はコワーキングスペースというように、名称を使い分けるケースもありますが、明確な定義はありません。


作業に集中するための作業場所として使用したいのか、新たなビジネスチャンスの場として活用したいかによって使い分けが必要になりますので、事前に確認をしてから契約しましょう。

自宅で業務が完結するならバーチャルオフィス

バーチャルオフィスは、名前の通り仮想のオフィスです。

実際の執務空間の提供はなく、登記に必要な住所や電話番号といった情報の貸し出しを行っています。


自営業で自宅の住所を使用したくない方や、自宅に作業環境があるけれど一等地の住所を会社の場所として登録をしたい方に最適です。


バーチャルオフィスは、執務空間の貸し出しがないため、低コストで借りることができるというメリットがあります。


また、中には郵便物の転送サービスや、来客対応サービス、会議室の貸し出しを行っているところも存在します。

サービスオフィスはオプションやサポートが充実

サービスオフィスは専用の執務空間の貸し出しに加え、様々なサービスを受けることができます。


レンタルオフィスと同様にエントランスや会議室などの共有スペースの使用ができるのはもちろん、常駐の受付スタッフが来客対応を行うなど、ビジネスサポートが充実しているのです。


他にも、オプションとして電話対応の代行や秘書のオプション、食事のデリバリーや近隣のホテルへの宿泊が可能など、多面的なサポート体制が用意されているところもあります。ただし、必然的に料金が高くなるため必要なサービスなのか見極めることをオススメします。


4種類のオフィスにはそれぞれ特徴がある

レンタルオフィスはセキュリティの高い専用の個室を保有し、集中して作業する環境を得ることができます。


シェアオフィス(コワーキングスペース)は専用の個室は持てませんが、その分コストを抑えられるほか、他の企業の従業員との交流が期待できます。


自宅で業務を行う環境があり、会社登録に必要な住所のみが欲しい場合はバーチャルオフィスを使用すれば最も安価に運営を行うことが可能です。


サービスオフィスはエントランスが整備され受付スタッフが常駐しているため信頼度を得やすいというメリットがあり、来客が多い業種の方におすすめです。


このように、業種や目的にマッチしたオフィスを選ぶことで最適なコストでオフィスを持つことができます。


運営会社により少しずつオフィスの提供内容に差もありますので、ご自身にとって最適なオフィスを探してみてください。